治療案内

Treatment

ブリッジ

歯を失った場合には、色々な治療法があります。保険内で治療できるものや、自費診療となるものもあります。どの方法が一番良いということではなく、患者様のご希望や、歯の状態、咬み合わせ、年齢、費用等を総合的に判断して治療法を選択するのが良いので、よく医師と相談して下さい。

歯を失った時に、治療をしない方がおられますが、歯は隣の歯が無いと、少しずつ動いてしまいます。また、対合歯も出てくる可能性があります。何もしないことは、いつか治療をしようと思った時に、治療しづらくなってしまう可能性があるので、費用的、治療的に負担の少ない部分入れ歯を入れておくのも良いと思います。

入れ歯・インプラント・ブリッジの違い

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
インプラント 入れ歯 ブリッジ
長所 隣の歯を傷つけない。
天然歯と同様の仕上がりになる。
隣の歯を傷つけない。
比較的早く治療することができる。
しっかりと噛める。
取り外す必要がない。
短所 自費診療の為、治療費がかかる。
手術を必要とする 。
違和感を感じたり噛む力が劣る。
作成方法によっては、見た目が悪い。
隣の歯を削らなければいけない。
隣の歯の負担が大きい。

保険の部分入れ歯と自費の部分入れ歯の違い

  保険 自費
素材 レジン床 金属床
特徴 安いが、使い心地が今一つで、違和感を感じやすい。 薄くて適合性も良く食べ物の温度が伝わりやすい。
作成方法 パーツを作って連結させている。 1ピースで連結で作成させる。

ブリッジ

ブリッジは、歯を失った両隣の歯を支えにして、橋のような構造をした治療法です。ブリッジは、入れ歯の様に取りはずすことなく、しっかり噛めるの治療法です。しかし、支えとなる歯が健康だった場合、健康な歯を削らなければなりませんし、支台に大きな負担をかけることになります。

長所 短所
保険が適用される(銀歯)。
比較的治療期間が短い。
しっかりと噛むことができる。
違和感がない 。
両隣の歯を削る必要がある。
両隣の歯に負担をかける 。