治療案内

Treatment

自費総義歯(入れ歯)

自費の総義歯

最大の特徴は、仮義歯(治療用義歯)を”1日”で作製する事です。 咬み合わせ、人工歯の位置や形態等のバランスの崩れた旧義歯を、全てのバランスがとれた仮義歯(治療用義歯)に約1日でおきかえます。
この仮義歯(治療用義歯)を調整しながら、最終的な義歯はどういう物にしたら良いのかを追求していきます。そして、この仮義歯(治療用義歯)を使って最終義歯を作る為の”型どり”をしますので、入れ歯作りの命である精密な”型どり”が可能となります。
なお、治療上重要なポイントにおいては、義歯製作を担当する歯科技工士が立会い、患者さんの希望(人工歯の色、形態等)を常に最終義歯に反映させる事が出来ます。

自費総義歯の完成

綺麗な歯並び、自然な歯の色、生き生きとした歯茎の血流を再現します。

denture3denture2

入れ歯の種類

磁石の入れ歯

バネと異なり維持する支点が歯茎よりにあるため、少しグラグラしてきた歯にも利用できます。横からの力を逃がしますから土台の歯を痛めにくいです。着脱が容易なので指先に力はいりません。
歯並びは比較的自由に並べられます。最低歯が2本程度残っていないと出来ませんが、歯がなくてもインプラントで応用できます。

コーヌスの入れ歯
m3_img02

バネを使わない部分入れ歯で、わりと古くからあるやり方です。
バネを掛けるかわりに歯を全周削ってそこに円柱に近い冠を被せます、2本以上を平行になるよう被せます。そこに歯の形をした冠に人工の歯をつなげた形態の入れ歯が入ります。茶筒と蓋のような摩擦力で入れ歯は外れてきません。
バネがないので見た目に良い他、舌があたって気になることもありません。また精密に作られています。から食べ物が入り込むことも少なくなります。
歯が数本しか残っていない場合には出来ない事があります。

アタッチメント義歯
m3_img04

残っている歯を入れ歯の支えに応用する特殊な義歯の1つです。
まず、残っている歯に冠を被せるようにします。冠の両端には入れ歯を支える装置をあらかじめ取り付けておきます。冠は外れない様にセメント合着しますが、冠に付いた装置に入れ歯の部分が”パチン”と嵌まり込むので、いわゆる入れ歯を支える”バネ”もありませんから、審美的にも自然な感じで装着感も良好です。