治療案内

Treatment

インビザライン

目立たないマウスピース矯正装置「インビザライン」

invisalign2

インビザラインは、従来の金属ワイヤー矯正(ブラケット)と異なり、透明なマウスピースでできているため、矯正中でも話す相手に気づかれにくい装置です。思春期のお子様や営業でお客様とお話しをされる機会が多い方など、できれば矯正していることを知られたくないと思っている方にピッタリな矯正装置です。毎日20時間以上の装着は必要ですが、お食事の時は外して召し上がれますし、歯磨きもしっかりとすることができるので、清掃性の高い装置です。金属アレルギーが心配な方にも素材は、まったく金属を使用してませんので、安心して矯正治療をしていただくことが可能です。

インビザラインって?

trio3trio2trio1

1999年より米国アライン・テクノロジー社にて開発されたマウスピース型の矯正装置です。現在では100か国以上で使用されており、実績のある矯正装置です。治療開始時に型どりを行い、現在の状態(不正咬合)から正しい歯並びまでを3Dにてシュミレーションして、矯正計画を立てます。各フェーズ毎のマウスピースをすべて作成し、矯正医がフェーズ毎に状態を確認しながら、新しいマウスピースと交換していきます。

インビザラインを取り扱う歯科医師

矯正治療は、歯科医師なら誰でも行ってよいとされております。しかし、当院では、日本矯正歯科学会の矯正認定医が在籍し、また、インビザラインを取り扱うには、アライン・テクノロジー社で規定された講習を受講し、認定が必要です。当院では、この条件をクリアした歯科医師が治療にあたっています。

インビザラインのメリット

invisalign

まさに目立たずに矯正できる点が一番大きいと思います。皆さんが矯正をイメージするとき、あの装置がと懸念する場合が多いと思いますが、インビザラインなら透明なマウスピースですので、患者様本人が相手の方に言わない限り気づかないという事もまれではありません。そしてお食事されても、今まで通り歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなどで丁寧に歯磨きをしていただくことができるため、虫歯や歯周病もしっかりと防ぐことができます。

インビザライン紹介動画

いくつから治療できるの?

インビザラインなら、混合歯列期の10代のティーンの患者様から、成人の方も歯がしっかりされていれば60代でも矯正していただくことが可能です。

どんな不正咬合でも治療できるの?

インビザラインは部分矯正ではなく、全顎適応の矯正装置です。ですので、叢生、出っ歯、受け口、すきっぱなどあらゆるお悩みに対応できます。しかし、歯が極度に傾いているなど一部の症例については、不向きな場合もありますので、当院の矯正医にご希望をお伝えいただければ、様々な検査を通して、患者様に合った治療方法をご提案いたします。

インビザラインの治療過程

STEP1 カウンセリング

まずは、患者様のお悩みやご希望をしっかりお伺いします。ご希望の装置が可能であるかどうかは精密検査後になりますが、想定される矯正装置についてのご説明をさせていただきます。

STEP2 精密検査

口腔内写真、外見写真、CT、印象(歯型とり)などを行います。

STEP3 結果説明

検査結果に基づき、インビザラインの治療が可能であるか、また注意事項についてお話させていただきます。ご納得いただければ契約を行います。

STEP4 治療開始

採取した歯型をアメリカに送付します。アライン・テクノロジー社にて3D治療計画が出てきますので、確認後、全過程のアライナーを作成します。

STEP5 装着開始

出来上がったアライナーを装着していただきます。かなりぴったりとした装置ですので、初めに取り扱い方法をしっかりマスターしていただきます。

STEP6 定期検診

定期的にご来院いただき、治療の進捗を見守ります。歯が計画通り動いている場合には、新しいアライナーに交換していきます。また、当日は、歯のクリーニングも行います。

STEP7 治療完成、保定期間に移行

計画通り歯が動いたことが確認できましたら、インビザラインでの治療は終了となります。以降は、動いた歯をしっかりと固定するため、保定装置を装着していただきます。